靴修理でお気に入りの靴を蘇らせる!ハーフソール交換とは?

毎日の歩行を助けてくれる靴は履き続けているうちにいつの間にか傷んでしまうこともあります。傷んだ部分は早目に修理しておくと靴を長く使い続けることができます。プロの靴職人による修理はびっくりするほど綺麗な仕上がりになります。

今回はどうしてもすり減ってしまう靴底の修理・ハーフソールについてお伝えしていきます。

そのまま履くとどうなる?

ハーフソールとは?

「ハーフソール」とは靴底の前半分のことです。靴底を全面張替える修理のことを「オールソール」と言いますが、前半分の張替えのことは「ハーフソール」と呼んでいます。靴底は毎日靴を履いて歩いていると自然にすり減ってしまうので、いつの間にかとても薄くなっていることもあります。

靴底が薄くなっていると、靴のクッション性がなくなって足にマメやタコなどができたりすることもあります。靴底が薄いままで履き続けると靴に穴が開いてしまうこともあります。ハーフソールはゴム製や革製のソールを接着剤で靴底に貼っていくものです。

靴の形に合わせて違和感が出ないよう貼って貼って形を整えていきます。ハーフソールを貼ることで靴のクッション性がアップしたり、滑り止めになったり、雨の時も大丈夫になったりというメリットがあります。買ったばかりの新しい靴にハーフソールを貼ってから使うと、靴の寿命が長持ちするようになります。

貼ったハーフソールがすり減ってきたら再度剥がして新しいハーフソールに張替える、ということもできます。

どんな時にハーフソールを張り替える?

ハーフソールは靴の傷みを防ぐために補強することが目的なので、早めに行うことがポイントです。できれば買った靴を使う前に最初からハーフソールを貼って補強しておくと靴のすり減りを防いで長持ちさせることができます。

使い続けている靴についてハーフソール張替えるかどうかの時期の目安としては、靴底が薄くなってきて、履いて歩いていると足が痛くなってくるような時には張替えが必要です。また、靴底がツルツル滑るような時もすり減っている可能性が高いので張替えた方がいいでしょう。

いずれも、靴の痛みがひどくなる前に行うことで靴全体が傷んでしまうのを防ぐことができます。ただし靴の状態によってはハーフソールではなく、オールソール交換にした方が良い場合もあります。一般的には靴の「コバ」と言われる前方のフチ周りの部分まですり減って削れてしまっているようなときには、ハーフソールではなく、オールソールにした方が良いようです。

早めに修理や補強をしておくことで修理箇所が少なくてすみ、結果的に靴が長持ちするようになるのです。

ハーフソール張替えはどのようにするの?

ハーフソールの張替えはまず、補強する靴底の前半分を削ることから始まります。グラインダーと呼ばれる機械を使って丁寧に削っていきます。次に必要に応じて、つま先を補強しておきます。つま先部分は靴の中でも特に削れやすいところなので、先に補強してからハーフソール張替えをしていきます。

ハーフソールの補強材は何種類もの接着剤を使い分けながら貼り付けていきます。それぞれの素材に合わせて最適な接着剤を使用します。ドライヤー等を使って乾かしながらつけていきます。少し乾かすことで粘着力が増すのです。

靴底に合わせて補強材を貼り付けたらハンマーで何回も叩いて圧着させていきます。全体に貼り付けたら、余分な部分を切り落とし、再度ハンマーで叩いて圧着させていきます。ハーフソールは剥がれやすい部分なので慎重に作業を進めて圧着させていく必要があるのです。

叩いたり、削ったり、という微調整をしながら形を整えていきます。最後に仕上げとしてソールの側面を靴本体と同じ色に染めて、全体を磨いてツヤを出していきます。これで後から別の素材を付けたとは思えないくらいとても滑らか綺麗な仕上がりになります。

ハーフソール修理の費用や修理にかかる時間は?

ハーフソールの素材にはゴム製のものと革製のものがあります。ゴム製のものは雨に強く、滑り止め効果もあります。革製のハーフソールは風合いがよく、クッション製が高く、足に馴染みやすいという特徴があります。ゴム製のハーフソール修理は婦人靴で2000円から4000円くらい、紳士靴で2500円から4500円くらいです。

革製のハーフソールは婦人靴で2500円から4500円くらい、紳士靴で3000円から5000円くらいです。いずれもオールソール交換を行うことに比べると1/2〜2/3くらいの費用で修理することができます。

紳士靴ではハーフソール交換の際、靴底に縫いを施す場合もあります。

縫うことによって靴の耐久性は上がります。

縫いの費用が別途かかることもあり、革製のハーフソールで縫いを施す修理だと7000円以上かかることもあります。靴修理にかかる期間は店によって違いがあり、その場でできる店舗修理では15分くらいでできてしまう場合もあります。

一方、職人が行う丁寧な修理では3〜4日預かりになる場合もあります。

靴を長く大切に使い続けるために

高級靴やブランド靴などではハーフソールも形が特殊で、特別な加工が必要になることもあります。ソール部分は普通、見えない部分ですが、独特の形や丸みなどがあってその微妙な違いが靴のイメージを作っていることもあります。

靴職人はそれをしっかり見極めた上で作業をしています。手作業で調整しながら貼っていくとで靴の表情を引き出し、修理された靴も新しい表情を見せるようになるのです。ソールの色や材質も店によって何種類か用意されており、職人が靴に合わせて使い分けていきます。

靴に穴が空いている場合にはその部分を補強して修理することもあります。ソール部分だけでなく、つま先やかかと部分なども同時に修理した方が良い場合もあり、靴をどのように修理するか、今後、どのようにその靴を使い続けていくのか、靴職人と相談しながら決めていくのも悪くありません。

靴は私たちの生活を足元から支えてくれる大切な友達です。自分の体をいたわるのと同じように靴も大切にメンテナンスしながら長く使い続けていくことが、日々の暮らしを大切にしていくことになります。

ハーフソールで靴を長持ちさせる

靴修理の方法の一つにハーフソールがあります。ハーフソールは靴底の前半分を張り替えることで補強して靴を長持ちさせ、クッション性を高めたり滑り止め効果を高めたりするものです。靴の種類や状態によってどのような修理をするのかは変わってきますが、早めに補強をしておくことで靴の耐久性が高まり、長く使い続けることができます。