そのまま履くとどうなる?

ヒールの踵が削れていたり、損傷している状態でも、決して履けないことはありません。ですが、そのまま履き続けていると、見た目が悪いという問題だけではなく、このような危険な状態に陥る可能性があると言えるでしょう。

まず、ヒールが削れている状態で履き続けていると、体は靴を履いているとき、常に少し歪んでいる状態で履いていることになりますので、靴擦れや外反母趾、更には、体の歪みを引き起こしやすくなると言われています。少しの歪みに感じるかもしれませんが、長時間履く場合は特に、少しの歪みが続くと大きな歪みになってきますので、体の健康のためにも、出来るだけ早めに修理に出すべきだと言えるでしょう。

そして、ヒールが削れていると他にも、靴が壊れやすくなるというデメリットがあります。ヒールの靴底が悲鳴を上げている状態ですので、そのまま履き続けていれば当然、靴全体が壊れる事態に繋がりかねません。ヒール部分から取り返しがつかない壊れ方をする恐れがありますので、日常使いをしているときに、突然壊れるようなことになる場合もあります。

このように、ヒールを直しておかないと、百害あって一利なしと言えますので、出来るだけ早めに修理を行うように心がけましょう。

事前にお直しに出すことも

ヒールを修理に出す際には、出来るだけ早めに修理に出すことで、修理代金が安くなったり、修理期間が短くなったり、様々なメリットがありますが、必要があれば、事前にお直しに出してヒール部分を補強しておくことで、より丈夫な状態でヒールを履くことが出来ると言えるでしょう。

ヒールのお直しでは、事前にヒールの底の部分に補強を加えて、ヒールが削れにくくなると言えるでしょう。もちろんヒールのお直し店によっては対応していない場合がありますが、中古でヒールを買った場合は修理として対応してくれるケースが多いので、ヒールの状態をよく見て、必要に応じて、こうした事前の対策を行うようにすることをお勧めします。

また余談ではありますが、この事前のお直しはヒールだけではなく、男性用シューズ(革靴など)にも効果的です。ラバーを張り替えたり、補強しておくことで、より長く、より安心して履き続けることが出来ますので、女性だけではなく、男性も覚えておくと良いでしょう。

このように、ヒールは事前に対策をするだけで、踵が削れるという事態を防ぎやすくなりますので、おすすめの対策方法だと言えます。中古の靴の場合は特に、事前にお直しに出すように心がけてみてください。